インド オディシャ州について

オディシャ州は、インドの東側に位置するベンガル湾に面した風光明媚な土地で、世界遺産のスーリヤ(太陽)寺院をはじめ、壮麗な寺院遺跡が見られるたたずまいの美しい古都です。

また、古くはヒンズー教の神殿内のみで踊らされていたオディッシーダンスと呼ばれる古典舞踊が盛んな地域で、サリーや銀細工などの芸術性の高い伝統文化の根ざした地域でもあります。

鉄鉱石、クロム、石炭等の天然資源にも恵まれ、近年、産業化及び人口増加が進んでいます。

また、2016 年には政府の進める「スマートシティ構想」( 立候補都市の中から「スマートシティ」 を選定し、基礎インフラと快適な生活環境を整えるため、各都市の開発に 5 年間で 4,800 億ルピーの予算を充当) の対象都市に州都ブバネシュワルが選出され、大規模な開発が戦略的に進められています。

photo : Takayasu Hattori


■ 日本からのアクセス

日本からインドへ

全日空NH917 便(毎日運航)約10時間
成田発17:20- デリー着00:20(翌日着)

・ブバネーシュワルへ

インド各社国内便(毎日運航) 約2時間
(例)エアインディアAI877
デリー発 11:20 – ブバネーシュワル着13:20